vio脱毛をするときは傷に気を付けて

vio脱毛というのは、ビキニライン(v)と陰部の両サイド(I)とヒップの奥、肛門まわり(o)の脱毛のことです。
いわゆるデリケートゾーンのケアということです。

一般的な方法は、最初にカウンセリングをしてデザインを決めます。
そして適当な長さにカミソリで処理をします。次にvライン、Iライン、oラインの順に光照射をしていきます。
事前に自分で処理をしてきても構いませんが、カミソリなどで傷をつけたりすると光照射ができないので気を付けてください。

このラインはとてもデリケートな部分なので、ワックス脱毛直後や生理中はもちろんのこと、小さな傷があっても施術ができません。
生理直前も肌が敏感になっているので、避けた方が無難です。

vioラインの脱毛をエステサロンで行うのは、少し恥ずかしいと思われる方も多いでしょう。
しかしエステシャンはプロですし、脇の処理と変わらないそうです。

そして施術を受ける時は紙パンツを使用します。
紙パンツを少しずらしたりしながら、なるべく一番大事な部分は隠すようにして行います。

vioラインを脱毛することによって、自己処理で黒ずみがひどくなっている人は黒ずみが薄くなり、元の肌の色に戻ります。
そして臭いやムレ、かゆみといったトラブルを解消することができます。

ちょっとだけ羞恥心を捨てれば、快適な毎日が送れるようになるでしょう。

ハイジニーナ脱毛は医療機関のバックアップ体制のあるサロンで

ハイジニーナとはアンダーヘアが全くない状態のスタイルのことを指します。

海外のセレブや日本の一部芸能人もハイジニーナである事が知られており、
ハイジーン(=衛生的)という言葉が由来となっています。

別名ブラジリアン脱毛とも呼ばれています。

ハイジニーナにする事は水着や勝負下着を着ける時などの見た目の問題の他にも、
衛生面でも大きなメリットがあります。

生理時の経血やおりもの、排泄物がアンダーヘアに付着して雑菌が繁殖し、
かゆみ、かぶれ、においの原因となる事があるのですが、
それを防ぐ事が出来るのです。

自分では処理しにくいデリケートな部分ですので、
ぜひサロンやクリニックでの施術をお薦めします。

デリケートな部分ですので、人によっては痛みを感じやすいかもしれません。

サロンによっては医療機関のバックアップ体制が整っているところもあります。

ぜひ一度探してみましょう。

ハイジニーナ脱毛とは、V(ビキニライン)I(股の間)O(ヒップ奥)の脱毛がすべてセットになった新しいプランです。

ですが、どの部分も全て施術を受けなくてはいけないという訳ではありません。

Vラインだけ施術したい、
IラインとOラインだけ施術したいなどの組み合わせが可能な場合もありますので、
色々と相談してみる事をお薦めします。

アンダーヘアを全て処理する事はめったにありません。

処理後の肌の状態など色々見極めてからの挑戦がいいのかもしれません。

デリケートな部分であるハイジニーナ脱毛をするなら、
医療機関のバックアップ体制が整ったサロンが安心でしょう。

vioはピンセットで脱毛してはいけない

vioラインという言葉を知っていますでしょうか。

これは、ビキニラインやお尻の周りなど、アンダーヘアのことなのです。

この辺りの毛の処理は、一般的にはカミソリやピンセットで自己処理していますよね。

しかし、実はこれはあまりおススメできないことなのです。

カミソリで剃ると必ず肌に傷がついて肌トラブルが起こりますし、
ピンセットで無理やり毛を抜くと、毛穴が広がって余計に汚くなりますし、
広がった毛穴に細菌が入り込んで化膿したりするんですよ。

しかし、vioラインの毛を処理せずに放置するわけにもいきませんよね。

おすすめはハイジニーナ脱毛をすることなのですが、
ハイジニーナとはアンダーヘア全体の脱毛のことを指します。

そんなところを見知らぬ人に見られるなんてとんでもない!と思うかもしれませんが、
割とたくさんの女性がハイジニーナを体験しているんですよ。

クリニックやエステによって施術方式が違うのですが、
下半身裸にならずに施術してもらえるところも増えてきています。

これは紙パンツを着用して、
ずらしながらレーザーを当てる方式なので、
恥ずかしさがかなり軽減されますね。

恥ずかしくて嫌だと思っている方は、
どんな格好で施術してもらえるのか事前に確認し、
自分に合った方法のところを選びましょう。

カミソリは危険?エステでvio脱毛!

アンダーヘアに限らず、
無駄毛処理の方法は人によってそれぞれですよね。

カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、
ワックスで脱色したり、除毛クリームで毛を溶かしたり……。

しかし他の部位ならまだしも、
アンダーヘアのお手入れにカミソリはちょっと危険です。

vラインはともかく、iラインやoラインは目に見えにくいですし、
デリケートな個所なのでうっかりカミソリ負けでもしようものなら大変です。

それに剃ったあとは、生えてくる毛がチクチクするのが気になりますし、
剃り跡もブツブツして手触りも見栄えも悪くなってしまいます。

vioラインの無駄毛処理は、プロの力を借りて脱毛してしまいましょう!

カミソリを使うよりもちょっとお値段は高くなってしまいますが、
肌トラブルを起こしてしまうことや毎月の替刃代のことを考えればフィフティフィフティになるのでは?

vioラインの脱毛は、それぞれの部位で行っているエステサロンや病院もありますが、
vioラインをセットにして提供しているところもあります
(セットにしている場合、個別に行うよりも安く済むことがあります)。

もちろん全てのアンダーヘアを脱毛したくないという人のオーダーにもきちんと答えてくれます。

皆さんもプロに任せて理想のアンダーヘアを手に入れませんか?

カミソリ負けや剃り跡のブツブツ、生えてくるチクチクとした毛とは無縁の理想のvioラインが手に入りますよ!

ハイジニーナ脱毛処理の範囲について

女性のV・I・Oラインの脱毛処理は、
ブラジリアン・ワックスで行うことが知られています。

極端に面積が小さいビキニを着用することで知られるブラジル由来の命名です。

ワックスを温めておいて、
脱毛処理をしたい部位に付着させ、引きはがす方法です。

当然のことながら一時的な方法ですので必要に応じ繰り返されます。

近年知られるようになったハイジニーナは、
クリニックやエステサロンで同じ部位に対して処理される永久脱毛です。

基本的には3ヶ月周期で6回ほど行って脱毛処理が完了です。

ハイジニーナの名の由来は、
衛生的を意味するハイジーン、およびその対策をしている人、
という意味になります。

Vラインの処置は容易です。

痛みかゆみは少ないです。

ただしIラインとOラインにはレーザー照射の刺激通があります。

特にIラインとOラインは処置の際の羞恥心が大きくなるので心配する向きもありますが、
専門の女性スタッフが丁寧に対応してくれるので大丈夫です。

IラインとOラインには完全な処置をなされますが、
Vラインにおいては処置する範囲を決めることができます。

残さず処置してしまうか、ある形状を残して処置するかが選べます。

ハイジーンの名前通り、女性の敏感な部位を脱毛するので、
生理の時の不快感を大きく減らしてくれます。

当該範囲の永久処置ですので、
元には戻らなくなりますので注意が必要です。

iライン脱毛クリニックでの特徴について

最近、Vラインだけでなく、iラインの脱毛を希望される方が多いです。

iラインは、Vラインに比べて、もっとデリケートなところの部分までの、脱毛を指します。

ここの脱毛の場合、下着からのはみ出しなどの処理や、理想に近い形にすることや、また残す部分の毛の量を少なくしたりするのが、大体の希望になっています。

さて、ここは体の中でも特にデリケートな箇所なので、クリニックの医療用レーザーでも他の部位と違って、更に痛みが伴います。

この場合、痛みを感じるのを出来る限り抑えるために、レーザーの照射をゆっくりにしたり、クーリングをしながらの照射なども、クリニックではされています。

また、痛みが不安な方には、麻酔の用意もあるので、相談の上、お願いするといいでしょう。

あと、この部位は、やはり女性にとっては恥かしい部位でもあります。

そのため、施術をしてくれる方は女性がしてくれますし、照射をしない部分には、タオルなどをかけて、出来る限り隠して行ってくれますので、安心です。

iライン脱毛は、非常にデリケートな部位なので、やはり、クリニックを選ぶときは、価格だけでなく信頼できて、安心できるところを選びたいものです。

事前に、サイトなどの口コミや情報を調べたうえで、信用できるクリニックに相談しましょう。

天神で有名な脱毛店
デリケートゾーンの脱毛で有名な天神の脱毛サロンをまとめました。
xn--rssy84bq0j6sh.jp.net

失敗しない人のvio脱毛

自己処理では剃刀負けや切って出血など失敗もあるため、
私はエステやクリニックでの脱毛をおすすめします。

vioは他の脱毛部位よりも特にデリケートな脱毛部位です。

他の部位ももちろんのことですが、失敗なんてとてもできませんので、クリニックにしろエステサロンにしろ慎重に選ぶ必要があるでしょう。

Continue reading