ハイジニーナ脱毛処理の範囲について

女性のV・I・Oラインの脱毛処理は、
ブラジリアン・ワックスで行うことが知られています。

極端に面積が小さいビキニを着用することで知られるブラジル由来の命名です。

ワックスを温めておいて、
脱毛処理をしたい部位に付着させ、引きはがす方法です。

当然のことながら一時的な方法ですので必要に応じ繰り返されます。

近年知られるようになったハイジニーナは、
クリニックやエステサロンで同じ部位に対して処理される永久脱毛です。

基本的には3ヶ月周期で6回ほど行って脱毛処理が完了です。

ハイジニーナの名の由来は、
衛生的を意味するハイジーン、およびその対策をしている人、
という意味になります。

Vラインの処置は容易です。

痛みかゆみは少ないです。

ただしIラインとOラインにはレーザー照射の刺激通があります。

特にIラインとOラインは処置の際の羞恥心が大きくなるので心配する向きもありますが、
専門の女性スタッフが丁寧に対応してくれるので大丈夫です。

IラインとOラインには完全な処置をなされますが、
Vラインにおいては処置する範囲を決めることができます。

残さず処置してしまうか、ある形状を残して処置するかが選べます。

ハイジーンの名前通り、女性の敏感な部位を脱毛するので、
生理の時の不快感を大きく減らしてくれます。

当該範囲の永久処置ですので、
元には戻らなくなりますので注意が必要です。

キレイモできれいになろう!
迷ったら脱毛の達人に聞け!人気の脱毛サロンを知りたい、探したいならこちらへ♪
http://www.crescentmoonpaper.com/

iライン脱毛クリニックでの特徴について

最近、Vラインだけでなく、iラインの脱毛を希望される方が多いです。

iラインは、Vラインに比べて、もっとデリケートなところの部分までの、脱毛を指します。

ここの脱毛の場合、下着からのはみ出しなどの処理や、理想に近い形にすることや、また残す部分の毛の量を少なくしたりするのが、大体の希望になっています。

さて、ここは体の中でも特にデリケートな箇所なので、クリニックの医療用レーザーでも他の部位と違って、更に痛みが伴います。

この場合、痛みを感じるのを出来る限り抑えるために、レーザーの照射をゆっくりにしたり、クーリングをしながらの照射なども、クリニックではされています。

また、痛みが不安な方には、麻酔の用意もあるので、相談の上、お願いするといいでしょう。

あと、この部位は、やはり女性にとっては恥かしい部位でもあります。

そのため、施術をしてくれる方は女性がしてくれますし、照射をしない部分には、タオルなどをかけて、出来る限り隠して行ってくれますので、安心です。

iライン脱毛は、非常にデリケートな部位なので、やはり、クリニックを選ぶときは、価格だけでなく信頼できて、安心できるところを選びたいものです。

事前に、サイトなどの口コミや情報を調べたうえで、信用できるクリニックに相談しましょう。

天神で有名な脱毛店
デリケートゾーンの脱毛で有名な天神の脱毛サロンをまとめました。
xn--rssy84bq0j6sh.jp.net

失敗しない人のvio脱毛

自己処理では剃刀負けや切って出血など失敗もあるため、
私はエステやクリニックでの脱毛をおすすめします。

vioは他の脱毛部位よりも特にデリケートな脱毛部位です。

他の部位ももちろんのことですが、失敗なんてとてもできませんので、クリニックにしろエステサロンにしろ慎重に選ぶ必要があるでしょう。

Continue reading