自分で処理するひざ脱毛のデメリット

自分でする脱毛法といえばカミソリを使うのが主流だと思います。

自分でするにあたって何かデメリットはあるでしょうか。

まずあのカサカサするのは何とも嫌な感じがします。

あのカサカサの原因は皮膚の表面を削ることでできます。

言い換えると、カミソリを使うと皮膚を痛めつけていることになります。

それに、すぐまた生えてきやすく、
丸い形のひざに直線的なカミソリは適していません。

他にも毛抜きなどもありますが、
綺麗になる分結構な痛みを伴いますし、
傷んだところからまた炎症を起こしたりすることもあります。

結論を言うと、これらの方法はひざに全く適していません。

必ずといって良いほど怪我をしたり、痕が残ったりするでしょう。

ひざの脱毛にはこんなデメリットがあるのです。

家庭用のレーザー脱毛機もありますが、
価格も高く、殆ど効果の無いものや体質に合わなかったりすることもあります。

しかし、最終的にレーザー脱毛が一番ひざに適しています。

最初に言ったように、ひざは丸型なので物理的に剃ることは不可能に近いです。

なので、自由に当てることのできるレーザーが一番適していることになります。

この方法はエステなどで簡単にする事ができます。

今ではレーザーより少し出力の光脱毛という方法もあり、
肌に合わないなんてことも無くなってきました。

結論と言えば、お金が掛かってもエステに通ったほうが綺麗を保てるということです。