vio脱毛をするときは傷に気を付けて

vio脱毛というのは、ビキニライン(v)と陰部の両サイド(I)とヒップの奥、肛門まわり(o)の脱毛のことです。
いわゆるデリケートゾーンのケアということです。

一般的な方法は、最初にカウンセリングをしてデザインを決めます。
そして適当な長さにカミソリで処理をします。次にvライン、Iライン、oラインの順に光照射をしていきます。
事前に自分で処理をしてきても構いませんが、カミソリなどで傷をつけたりすると光照射ができないので気を付けてください。

このラインはとてもデリケートな部分なので、ワックス脱毛直後や生理中はもちろんのこと、小さな傷があっても施術ができません。
生理直前も肌が敏感になっているので、避けた方が無難です。

vioラインの脱毛をエステサロンで行うのは、少し恥ずかしいと思われる方も多いでしょう。
しかしエステシャンはプロですし、脇の処理と変わらないそうです。

そして施術を受ける時は紙パンツを使用します。
紙パンツを少しずらしたりしながら、なるべく一番大事な部分は隠すようにして行います。

vioラインを脱毛することによって、自己処理で黒ずみがひどくなっている人は黒ずみが薄くなり、元の肌の色に戻ります。
そして臭いやムレ、かゆみといったトラブルを解消することができます。

ちょっとだけ羞恥心を捨てれば、快適な毎日が送れるようになるでしょう。
横浜で何度でも脱毛
老け肌SOS!秋になってムダ毛そのままにしていませんか?キレイにするなら今がチャンス!
aomori-cons.jp